『電力消費の収支実績(最近5年間)』




●『太陽光ミニ発電所の電力消費収支(最近5年間)』●
<2011〜2016年度実績>


 川崎市宮前区の自宅の『太陽光ミニ発電所』の最近の電力消費収支実績 をレポートしています。
@「太陽光発電システムの設置条件」
 ・設置場所:新築(2004年4月16日完成)の2階屋根         屋根面積約50平方メートル         傾斜角30度、方位角真南に対し42度傾斜 、・発電出力:年間消費電力量を賄う出来るだけ多くの発電を目指す
A「電力消費収支実績」
 東京電力との電気の購入・売却の最新(2012年度・2013年度・ 2014年度・2015年度・2016年度・2017年度)の電力消費 収支は、以下の通りです。

2012年度実績4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月合計備考
購入電力量(kWh) 677 509 429 436 486 452 573 947 1,222 1,252 1,112 729 8,824東京電力から買った電力量
購入電気代(円)11,9069,3888,4409,33810,33910,10511,68818,49324,04423,86021,03214,120172,753東京電力に支払った電気代
実質使用電力量(kWh) 876709606653721605725 1,088 1,394 1,436 1,337 920 11,070太陽光発電自家消費分をプラス
発電電力量(kWh) 764 903 643 896 1,030 760 749 705 660 774 864 836 9,584太陽光発電の発電量
売却電力量(kWh) 565 703 466 679 795 607 597 564 488 590 639 645 7,338東京電力への売却電力量
売却電気代(円)27,12033,74422,36832,59238,16029,13628,65627,07223,42428,32030,67230,960352,224東京電力への売却電気代
電気代収支(円)-15,214-24,356-13,928-23,254-27,821-19,031-16,968-8,579620-4,460-9,640-16,840-179,471東京電力への電気代収支

2013年度実績4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月合計備考
購入電力量(kWh) 637 400 431 475 530 471 651 706 1,199 1,240 1,177 759 8,676東京電力から買った電力量
購入電気代(円)12,6349,09010,24511,71913,01311,19114,07014,91625,26926,44525,66316,394190,649東京電力に支払った電気代
実質使用電力量(kWh) 883 600 643 727 779 640 812 859 1,378 1,408 1,346 996 11,071太陽光発電自家消費分をプラス
発電電力量(kWh) 1,051 913 647 846 940 738 623 774 735 740 696 937 9,640太陽光発電の発電量
売却電力量(kWh) 805 713 435 594 691 569 462 621 556 572 527 700 7,245東京電力への売却電力量
売却電気代(円)38,64034,22420,88028,51233,16827,31222,17629,80826,68827,45825,29633,600347,760東京電力への売却電気代
電気代収支(円)-26,006-25,134-10,635-16,793-20,155-16,121-8,106-14,892-1,419-1,011367-17,206-173,951東京電力への電気代収支

2014年度実績4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月合計備考
購入電力量(kWh) 645 419 449 484 456 461 580 734 1,213 1,210 1,081 853 8,585東京電力から買った電力量
購入電気代(円)15,05710,67211,23012,45912,05311,50913,48616,53428,06128,11925,53219,458204,170東京電力に支払った電気代
実質使用電力量(kWh) 885 611 651 768 653 616 733 869 1,390 1,366 1,263 1,045 10,850太陽光発電自家消費分をプラス
発電電力量(kWh) 1,094 803 709 956 648 740 672 659 718 735 721 853 9,308太陽光発電の発電量
売却電力量(kWh) 854 611 507 672 451 585 519 524 541 579 539 661 7,043東京電力への売却電力量
売却電気代(円)40,94429,32824,33632,25621,64828,08024,91225,15225,96827,79225,87231,728338,016東京電力への売却電気代
電気代収支(円)-25,887-19,656-13,106-19,797-9,595-16,571-11,426-8,6182,093327-340-12,270-133,846東京電力への電気代収支

2015年度実績4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月合計備考
購入電力量(kWh) 629 426 414 515 465 487 600 812 1,074 1,307 1.032 904 8,665東京電力から買った電力量
購入電気代(円)14,72610,1299,56511,88010,42710,25612,03216,42421,01725,30019,19116,274177,201東京電力に支払った電気代
実質使用電力量(kWh) 831 602 589 771 629 626 747 932 1,227 1,477 1,198 1,13310,764太陽光発電自家消費分をプラス
発電電力量(kWh)9528675901,027557 707 747 500 700 753 773 786 8,959太陽光発電の発電量
売却電力量(kWh) 750 691 415 771 629 628 600 380 547 583 607 557 6,860東京電力への売却電力量
売却電気代(円)36,00033,16819,92037,00818,86427,16828,80018,42026,25627,98429,136 26,736329,460東京電力への売却電気代
電気代収支(円)-21,294-23,039-10,355-25,128-8,437-16,912-16,768-1,996-5,239-2,684-9,945-10,462-131,852東京電力への電気代収支

2016年度実績4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月合計備考
購入電力量(kWh) 505 414 466 426 501 508 625 865 1,215 1,141 995 979 8,640東京電力から買った電力量
購入電気代(円) 9,868 8,286 9,444 9,020 10,364 10,252 11,241 15,110 20,949 19,653 17,744 17,552 159,483東京電力に支払った電気代
実質使用電力量(kWh) 595 613 657 846 523 645 757 980 1,378 1,330 1,172 1,182 10,678太陽光発電自家消費分をプラス
発電電力量(kWh) 809 848 699 920 587 458 621 552 797 830 799 825 8,745太陽光発電の発電量
売却電力量(kWh) 719 649 508 500 565 321 489 437 634 641 622 622 6,707東京電力への売却電力量
売却電気代(円)34,51231,15224,38424,00027,12015,40823,47220,97630,43230,76829,85629,856 321,936東京電力への売却電気代
電気代収支(円)-24,644-22,866-14,940-14,980-16,756-5,156-12,231-5,866-9,483-11,115-12,112-12,304-162,453東京電力への電気代収支

2017年度速報4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月合計備考
購入電力量(kWh) 590 397 - - - - - - - - - - 987東京電力から買った電力量
購入電気代(円)11,2928,487 - - - - - - - - - -19,799東京電力に支払った電気代
実質使用電力量(kWh) 764 616 - - - - - - - - - - 1,380太陽光発電自家消費分をプラス
発電電力量(kWh) 999 818 - - - - - - - - - - 1.817太陽光発電の発電量
売却電力量(kWh) 825 599 - - - - - - - - - - 1,424東京電力への売却電力量
売却電気代(円)39,60028,752 - - - - - - - - - -68,352東京電力への売却電気代
電気代収支(円)-28,306-20,265 - - - - - - - - - --48,571東京電力への電気代収支
比較の年(2003年4月〜2004年3月)は、旧宅での実績です。(すべての料金は、消費税を含みます)
2009年11月以降、新しい買取制度で、余剰電力がキロ48円で買い取られています。
2012年9月1日以降、値上された単価で計算されており、8月分は、9月1日から検針日の9日までが値上された単価で日割り計算。


つまり、比較の年は光熱費として、その1年間に、  光熱費=電気代+プロパンガス代     =378,416円 を支払っていました。
太陽光発電とオール電化の住まいに移った2004年度から2016年度 の13年間の合計は、  光熱費=購入電気代累計−売却電気代累計   =−1,385,348円 ということになります。

実際に支払った13年間の光熱費は−138.5万円で、
以前の住まいに対して、630.5万円改善されました。
(2004年度から2016年度の13年間)


また、現在の買取制度の中で
実際に支払った2016年度の光熱費は−16.2万円、
つまり、光熱費ゼロどころか、収入になっています。

B東京電力の電化上手(季節別時間帯電灯)の効果
 オール電化を支える東京電力との電力契約は、電化上手(季節別時間帯 電灯)です。太陽光発電による売電とセットになって、下表のように購入 電力の2004年度の内訳は、単価の高い昼間電力の消費の減少と、安い 深夜電力使用の効果がはっきりと出ています。  (深夜電力を使用した比率は、58.4%)
 しかし、2012年9月1日以降、値上された単価は、特に、深夜電力 料金を大きく値上したもので、「電化上手」は、安い深夜電力を使用する のでお得ですという、基本構造を揺るがしかねない内容になっています。

2004年度時間帯4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月合計備考
昼間電力量(kWh) 13 14 2 6 11 32 21 18 59 36 50 1127310時から17時
昼間電気代(円)349376 581933539565334581,5009161,2712807,24325.45円/kWh、7〜9月は30.40円/kWh
朝晩電力量(kWh) 207 186 160 153 176 198 204 260 589 585 554 4053,6777時から10時、17時から23時
朝晩電気代(円)4,4614,0083,4483,2973,7934,1914,1625,30412,01611,93411,3028,26276,17820.40円/kWh
深夜電力量(kWh) 347 308 309 317 304 329 396 538 740 722 646 6075,56323時から7時
深夜電気代(円)2,0651,8331,8391,8861,8091,9692,3963,2554,4774,3683,9083,57233,4776.05円/kWh
深夜電力比率(%) 61 61 66 67 62 59 64 66 53 54 52 59 58

C2004年度から2006年度の結果
 夏の暑さを和らげる風通しのよさ、冬の寒さを防いだ断熱性の高い家の 構造からくる省エネ効果が現れて、2004年度の使用電力量は、LPガ スを電気に切り換えたにもかかわらず、以前の住居での使用電力量とほぼ 同じ水準を維持しました。一方、2005年度は、2004年度に対して 発電量は97%で、ほぼ前年並であったにもかかわらず、消費電力量は1 4%増加しました。この原因として、特に12月の寒さもあって、給湯・ 暖房運転のため消費電力量は大きくなった自然要因もありますが、実は、 2005年の1月から、ホームシアターが稼働したため、ゴールデンタイ ムのデジタル放送視聴(ニュース、サッカー、野球、映画など)により、 合計27%のその時間帯の消費電力量の増加になったと考えられます。 ホームシアターは120インチの大画面で、サラウンド音声の自慢のもの ですが、そのツケも予想以上に大きかったようです。
 その結果、2004年度の収支は、6.3万円マイナスという結果が得 られましたが、2005年度は、の1.8万円マイナスにとどまってしま いました。それでも収支はマイナスを維持していますので、よしとしたい と思います。
 ただ、2004年度は、直前の2003年度の旧宅の光熱費を基準にし た場合、オール電化と太陽光発電によって、2003年度と比較して、光 熱費37.8万円であったのが、マイナス8.1万円に、つまり収入に変 わったということで、その後の、2005年度の結果は、生活の変化を伴 ったものであると考えることができるでしょう。
 更に、2006年度は、夏の日照時間の減少で発電量は、過去最低にな りましたが、幸いなことに暖冬で、最も電気消費の大きい、給湯・暖房の 負担が軽くなり、年間を通じては、2005年度より収支は、若干の悪化 に留まりました。この間、従来のブラウン管テレビをより大型の液晶テレ ビへの買い換えが進んでいることも、収支の悪化の要因と考えられます。

D2007年度は、光熱費マイナスを大幅に維持!
 2007年度は、比較的好天に恵まれ、発電量が回復したこと、それに 対して消費電力量は微減に抑えられた効果で、大幅に収支が改善されまし た。
 その要因として、冷蔵庫を省エネタイプに買い換えたこと(420リッ トル→525リットルに容量は大きくなりましたが)、ホームシアターの 視聴時間を見たいものに限ったこと、洗濯物はできるだけ屋外で干し、乾 燥機使用を最小限にしたことが貢献していると考えられます。しかし、昨 年4月20日で定年退職し、自宅にいる時間が増えましたので、その分は 差し引かれています。

E2008年度は、生活スタイルが大きく変わる!
 2008年度からは、妻も退職し、在宅になりますので、我が家の生活 サイクルが大きく変わりました。食事は基本的には家ですので、三度三度 の食事の準備が加わります。風通しの良い家と家とはいえ、夏季の暑い日 には、冷房にエアコンを運転する時間が増えます。冬季は、日差しがあれ ば暖房無しですごせますが、寒い日には、どうしても暖房が必要になりま す。それらに伴って、お湯の使用量も上がります。
 一方、娘が8月に家を出ましたので、その分の負担はなくなりました。 こうした生活スタイルの大きな変化で、光熱費の使用傾向が影響を受けま した。それに加えて、2月は雨と寒い日が日が続き、この月は、10,5 25円という2月としては最大のマイナス収支を記録し、年間累計でも、 3,241円という危機的な状況になってしまいました。そこで、3月は 非常事態ということで、節電に心がけ、幸いにも天候に恵まれたこともあ り、単月で7,868円のプラスという結果を得て、年間累計も、4,2 68円マイナスで集計を閉じることができました。
 こうした生活スタイルの変化に対し、家族の協力で、エコキュートの深 夜時を中心とした運転、昼間時間帯のエアコンの冷暖房運転の節電、洗濯 を深夜時間帯に行うなどの他の電気機器の節電などで、3月はそれまで5 0%前後であった深夜電力を使用した比率が、66%に上昇したことが大 きく貢献しました(前年の3月は62%)。

F2009年度は、新しい買取制度の効果!
 2009年度は、前年からの我が家の生活サイクルが大きく変わった中 で、家族の協力で、エコキュートの深夜時を中心とした運転、昼間時間帯 のエアコンの冷暖房運転の節電、洗濯を深夜時間帯に行うなどの節電で、 年間の深夜電力を使用した比率が、62%に上昇したことが大きく貢献し ました(前年は52%)。
 それに加えて、2009年11月以降、新しい買取制度で、余剰電力が キロ48円で買い取られるようになったことが収支に大きな影響を与えま した。その結果、年間で8.8万円マイナスということになりました。

2009年度は、深夜電力比率が、62%に上昇!


G2010年度は、メンテナンス費用も発生!
 年間を通じて、新たな買取制度が適用された2010年度は、その効果 が、更に大きくなりました。実に、年間の収支が21.4万円マイナスと いう結果は、大規模な太陽光発電の導入費用回収に大きく貢献することに なっています。前年度に引き続き、エコキュートの深夜時を中心とした運 転、昼間時間帯のエアコンの冷暖房運転の節電、洗濯を深夜時に行い、ご 飯も同様に深夜時に炊飯する、また、電動アシスト自転車のバッテリーの 深夜充電など、一層の節電で、年間の深夜電力を使用した比率を、62% に維持することができました。
 一方、エコキュートは、昨年夏に、沸き上げ不足の不具合でメーカーの 点検を受けるなど、メンテナンス費用も徐々に発生してきています。太陽 光発電システム全体は、年間発電量が過去最大になるなど、現在のところ 順調ですが、今後、メンテナンス費用の発生が予想され、その費用の収支 への組み込みが必要になると考えられます。

2010年度収支、マイナス21.4万円!


H2011年度は、冬の天候不順で収支ダウン!
 東北大震災の発生の対応として、一層の節電に努めましたが、すでに、 相当な節電を行っていたこと、好天に恵まれて、最大の年間発電量を記録 した2010年度収支に対して、冬の期間の全体的な天候不順により、収 支は、前年度には及びませんでした。
 夏の節電対策として実施したゴーヤや朝顔の「緑のカーテン」は、直射 日光を遮るという効果はありましたが、もともと、家の構造が、風を通し やすいことを最大限に活かして、夏季は、昼間のエアコンの運転を最小限 にしており、際立った効果は確認できませんでしたが、あらゆる可能性を 引き出して節電するということには貢献できたと思われます。
 2011年度で、システム導入後8年が経過しました。発電システム全 体は、順調ですが、インバーターは、10年が寿命という話があります。 引き続き、システムの動作状態をモニターしながら、太陽光発電システム の効果を、最大限に活かしていきたいと考えています。

2011年度収支、マイナス17.1万円!


I2012年度収支は、なんとか電気料金値上の影響を最小限に!
 東北大震災の発生の対応として、東京電力は、そのツケを家庭用電気料 金に、大きな負担を背負わせました。
 2012年9月1日以降、値上された単価は、特に、深夜電力料金を大 きく値上するもので、「電化上手」は、安い深夜電力を使用するのでお得 ですという、基本構造を揺るがしかねない内容ですが、幸いにも、好天に 恵まれ、発電量が高水準であったことが貢献して、この間の努力もあり、 前年度を僅かですが上回ることができました。

2012年度収支、マイナス17.9万円!


J2013年度収支は、電気料金値上の影響を受けました!
 太陽光発電システム導入の10年目に当たる2013年度は、4月と5 月は好天に恵まれ、過去、最高レベルの収支と好調なスタートを切りまし たが、夏場にペースダウンし、また、2月は記録的な大雪があり、積雪に よる発電の低下で、収支が悪化しました。
 この間、我家の電力消費が比較的大きいホームシアター・システムがラ ンプ寿命が来たことから休止状態になって、代わりのミニ・シアターが消 費電力が1/10以下でした。それも、12月から、新しい4Kプロジェ クターを導入、以前の機種より大幅に消費電力は下がりましたが、高精細 の画面に魅せられて、使用時間が幾分増加しましたが、購入電力量は2% 減に収まりました。
 発電電力量は前年度の6%増で、購入電力量は2%減にもかかわらず、 購入電気代は10%増になり、収支は、2.2万円マイナスとなったのは この間の電気料金の値上の影響です。
 実際に支払った10年間の光熱費は、以前の住まいに対して、472. 1万円改善されたということは、太陽光発電の設置費用をカバーしたこと になり、10年で元を取れたということになりました。

10年間で、太陽光発電の設置費用をカバー!


K2014年度収支は、電気料金値上の影響を受けました!
 太陽光発電システム導入の11年目に当たる2014年度は、発電量は 平均的なレベルで、購入電力量は1%減にもかかわらず、購入電気代は7 %増になり、収支は、4.0万円マイナスとなったのは、この間の電気料 金の値上の影響です。
 実際に支払った11年間の光熱費は、以前の住まいに対して、523. 3万円改善されたということになりました。

11年目も、太陽光発電は、快調です!


L2015年度収支は、電気料金値上の影響を受けました!
 太陽光発電システム導入の12年目に当たる2015年度は、発電量は 前年の96.2%で、購入電力量が前年とほぼ同等にもかかわらず、購入 電気代は3%減になり、深夜電力比率が62%の効果もあり、収支は前年 並でした。
 ただ、発電量の減少が一時的なものなのか、システムの劣化のためなの か、気になります。

12年目は、システムの劣化が気になります!


M2016年度も、発電量の減少続く!
 太陽光発電システム導入の13年目に当たる2016年度は、発電量は 最近5年間の最高値の90.7%で、発電量の減少が続いています。ただ、 発電量がそれ以下の年度は、2回ありましたので、システムの劣化のため とは、すぐには言えませんが、気になるところです。
 2016年度は、発電量は前年の97.6%でしたが、購入電力量が前 年とほぼ同じでしたが、購入電気代が10%減になり、収支は前年より改 善しました。ホームシアターのアンプを買い替え、消費電力は従来機種の 400Wに対し、180Wと半分以下になっていることも貢献しているよ うです。

13年目も、システムの劣化が気になります!

2008年度時間帯4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月合計対前年度比
昼間電力量(kWh) 27 25 15 18 23 29 48 47 43 64 77 26442173
昼間電気代(円)7636226527007008988202,0362,0071,4142,3471,30012,645181
朝晩電力量(kWh) 310 264 238 267 232 217 315 387 531 643 552 2454,201104
朝晩電気代(円)6,6065,6255,0715,6895,0605,0197,2858,95112,28214,87212,7675,66694,893110
深夜電力量(kWh) 506 333 312 320 268 291 351 413 532 568 518 5264,93893
深夜電気代(円)3,7192,4472,2932,3522,1042,6683,2183,7874,8785,2084,7504,82342,247108
深夜電力比率(%) 60 54 55 53 51 54 49 49 48 45 45 66 52 93

2009年度時間帯4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月合計対前年度比
昼間電力量(kWh) 27 22 22 21 21 28 29 72 71 50 83 46492112
昼間電気代(円)7146614175677369271,3571,3291,2161,8092,17773514,259112
朝晩電力量(kWh) 188 138 138 175 184 154 173 269 454 394 398 3982,91069
朝晩電気代(円)4,3483,1913,1914,0474,2553,5624,0016,22110,5019,1139,2059,20570,84074
深夜電力量(kWh) 456 346 343 326 315 356 453 517 773 661 599 5845,729116
深夜電気代(円)4,1813,1723,1452,9892,8883,2644,1544,7407,0886,0615,1925,35552,529125
深夜電力比率(%) 68 68 68 62 61 66 69 60 60 60 55 60 62119

2004年度から2011年度実績


太陽光発電トップページへ戻る